スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボシとギム

(今日のブログは長いですが 告白的な内容になっております
  長くてもよければお付き合いください)

昨日 カズキにもらった手紙のなかに
「勉強も残念なまでにできませんが・・・・・・・」 とありました

頭悪くてもかまへん!元気で ずっとずっと私の傍にいててくれたら
頭悪くたって恥ずかしいとおもわへん!大人になった時 
嫁さん子供をキチンと養える男になってほしい 
嫁さん子供を見捨てて逃げるような男のほうが恥ずかしいと言って育てたのは私です

「高校からは留年という事にはならないように・・・・・・」とありました

留年は困ります 学費が高いんです 3年で卒業お願いします

最近はどこの高校も HPがあって お金のこともズバッと書かれています
参考までに カズキが入学させてもらう高校は

入学金・学費・通学定期含め 3年間 270万円とちょっと必要です
月々に換算すると 毎月 75000円とちょっと

我が家の経済事情から考えると 住宅ローン並みです

それでも 応援したい
そんな気持ちをこめて 卒業する我が子に贈った手紙は

15の春1 15の春

12月に用紙を渡され 2月29日までに提出
合格発表の次の日に 書きました

スミたん(ダンナさん)と再婚する時

「夫婦は他人どうしやから どんなに仲がよくても ケンカになった時
 おまえの連れ子やのに 食わしたったやんけ て言われたら悲しいし
 母子家庭の時に苦しいながらもホソボソと カズキ名義で貯めたお金で
 中学までは卒業させるので 食と住の面倒を見てもらえませんか
 多分 中学卒業するころには その貯金も底がつきると思うので
 高校からは面倒見てやってもらえませんか」と話をして養子縁組をしてもらいました

再婚してからも 大ゲンカになること度々ありますが
一度も 心配したような事を言われたことはありません スミたんは 大人です

逆に 
「1回も 2回も一緒や ハンコついたらええがなっ」と捨てゼリフを吐くのはワタシ

さすがに年の差婚だけあって
「それは困る ワシもこの年になって ひとりで死ぬのはかなわん」としんみり言われると
かわいそぅ~になって 反省

あっ 話がそれちゃった(笑)カコの話は 「ボシの時」とカテゴリーでも作ってみます

そうそう 学費
中3になるとすぐ 進路について話があります
公立1本!うちには私立の余裕はない!と言い続けていました

度々ある進路説明会や カズキ本人との話の中で
行きたいというところに行かしてやりたい と思うようになりました

この子が小さい時 母子家庭であるがために
愛情たっぷり注いでいたけれど さびしい思いをさせたり
我慢させたりしていなかったか?
5年の保育園生活の中でも 行事ごとには父親の姿はなく
実家に身を寄せていたわけではないので 生活はいつも母子2人

私はこの子さえ傍にいてくれたら何もいらない 
この子のためなら 死ねると思っていた自分を思い出した

お父さん(スミたん)が何て言うかな・・・

「どうしても ここに行きたい言うんやけど・・・」切り出してみた

「確かに高校からは面倒みるって約束した 
 あんたも中学卒業までの学費をよう頑張ってしてやってくれた えらいな~と思ってる
 公立やったら 通学費だけでええし 自信たっぷり面倒みてやれるけど
 私立となったら 話は別や 住宅ローンで精一杯やぞ・・・」

そうよな・・・

「私な あなたと再婚した時 ひとりで頑張ってきたんやから これからは
 今までできひんかったこと 好きなことしたらええって言ってくれて
 好きやったパッチワークはじめて ハンドメイドをやらしてもらえたやんか
 すごく楽しかったし 続けたいけど 次は カズキと交代してやりたいねんか 
 今まで贅沢させてやれんかったし カズキの夢のために 働きたいねん
 私 働きに行ってもええかなぁ?
 しんどい~ しんどい~言うて家族に迷惑かけるかもしれんけど 
 働きに行ってもええかなぁ?」

アカン!言われると思ってた

「ワシからも頼む!カズキのために働いたってくれ!
 カズキの行きたいとこに行かせたってくれ!」と 深々と頭をさげてくれた

こうなると うちの団結力は見事なもんで・・・

息子達の入学を見届けたら 就職活動に入る予定です

私にとっての母業 今は 子供のために働くこと

詳しく決まりましたらまたご報告をさせていただきます  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんてん

Author:てんてん
handmadeしてました
イロイロ作ってました
今は家族のために
自分のために
一生懸命に過ごしています
日々のあれこれを
つづっています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。