スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日吉の川涼み

ひとり親家庭の頃 お兄ちゃんが入所していた
児童クラブには 100名ほどいました

お兄ちゃんが小学1年生の夏休みに 
日吉への付き添い当番に当たって
仕事を1日お休みして参加しました
唐崎から徒歩で 京阪滋賀里駅までついて歩き
京阪に乗って 坂本駅から日吉の川まで ついて歩き
汗がダラダラ流れていましたが 川涼みすると
涼しくて気持ちの良かったコト・・・

昨日は 拓ちゃんを連れて 川涼みに行きました

滋賀里から坂本まで 京阪に乗り

ひよし1

かれこれ 10年ぶりなので
場所を覚えているか不安ながらも
歩いて 歩いて 到着

さっそく ビーサンにはきかえ川へ

ひよし4

ひよし5

ひよし3

カニさんを見つけたり

ひよし6

ひよし7

森林浴とは このことですね
癒されます

このあと 足がすべって コケて
ベッシャーと 川にはまった拓ちゃん
しばらく チーン とテンションダウンでしが
着替えてからも 虫探し

大きな大きな樹木を見上げる拓ちゃんの 小さいコト

ひよしt2

ひよしt1

「見つけたーーーーっ」

ひよしt3

ひよしt4

楽しくて ニコニコしてる
拓ちゃんの顔を見るのが 私の楽しみです
スポンサーサイト

おねがい

雨ですね
今日の夜 拓ちゃんが通う児童クラブの懇談会がありました
仕事終わって 拓ちゃんを迎えて家に帰って 夕飯の支度をして
スミさん(ダンナさん)が帰るのを待って家を出ました

学童の入り口に 七夕の笹飾りがあって 拓ちゃんの短冊は・・・
「おかねもちになれますよおに」

たんざく

子供らしい素直な気持ちなんじゃないでしょうか(笑)

お兄ちゃんが 拓ちゃんと同じ年頃に書いた短冊は・・・
「ながいきできますように」でした
短冊に書いたことを お兄ちゃんも今でも覚えているそうです

なぜなら・・・
母子家庭で過ごしている頃 母ひとり子ひとりの生活の中で
「お母さんより先に死んだらアカンで
 カズキがいなくなったら お母さんひとりぼっちになってしまうから
 ずっと一緒にいてくれなアカンで」と いつも私が言っていたから
お兄ちゃんは 私より長生きできるようにお願いしてくれたんでしょう
今でも変わらず 心優しいお兄ちゃんです

ワタクシ 今日 40歳のお誕生日を迎えました
思い返せば いろんなことがありました

実家の父が 母が 兄が健康でいてくれて
スミさんと お兄ちゃんと 拓ちゃんと 
いつも楽しい時間を過ごせることが 1番の幸せです

今日は職場でも 7月生まれのお誕生会と七夕まつりがありました
聞こえてくるお誕生の歌に 涙があふれました
これからの人生も 家族で仲良く楽しく過ごせますように・・・


 

授業参観

今日は お兄ちゃん 高校の授業参観でした
プリントをもらってきた時から 楽しみにしていました
参観の科目は 「演習」と言って その日は 1時間目から6時間目まで美術の日

年頃の男の子なので  
「今日 授業参観チラっと見に行くよ そのあと仕事に行くから」と朝に声をかけると
「うん」と言って 家を出て行った お兄ちゃん

ええー いらんしぃ~ とか なんでくんの~?とか言われなかった(喜)

母子家庭で生活している時から 保育園の運動会も発表会も 私ひとり
それでも お兄ちゃんは私を見つけて 手を振って笑ってくれてました

小学校の授業参観も ルート配送の段取りを組んでおいて
仕事の制服のまま行きました うれしそうに後ろを振り返って手を振ってくれました

仕事が大変でも お兄ちゃんの行事に穴をあけたことはありません

高校生になったお兄ちゃん 今日の参観も 廊下にいる私を見つけて 
手をサっとあげて「ありがとう」と言ってくれました

残念だったのは 時間割の変更があって 「数学」に代わってたコト
チラっと隣のクラスをのぞいたら デッサンの授業をされていて
ソーっと ソーっと チラ見してました

高校の授業参観って 私だけやったらどうしようと思ってたけど
お父さん お母さん まぁ たくさん来ておられました

午後から出勤なので 急いで学校を出ようとしたら
玄関の掲示板に 副校長先生の 5月のことば が貼り出されていました

京都芸術高等学校の生徒は
筆を握りなさい
絵の具をしぼりなさい
制作を考えなさい
・・・・・・・
・・・・・・・(途中 省略)
芸の魂が見出せる時がくる  こんなようなことが書かれていました

思わず 足をとめて 見入ってしまいました

この高校にどうしても行きたい!と言った 中3の時のお兄ちゃん
毎日の会話の中で聞かせてくれる 楽しい学校生活
今日 休み時間に見た 同じ志を持ったお友達との楽しそうな姿

よかった ほんまによかった そう思いながら急いで 職場に向かいました

4月1日は・・・

4月1日 朝6:50にカズキを駅まで送りました
高校の2泊3日の宿泊研修に向かいました
カズキは 宿泊研修中の係活動 デッサン実技 友達との親睦を楽しみに出発
いつもいる子がいないと クラ~い クラ~い ワタクシ

そんな4月1日ですが 入籍記念日でした 
再婚なんで 質素に入籍のみ 9年目です
カズキも お父さんの子になって(養子縁組)9年目

毎年 記念日にはケーキを買って家族で食べます
7年目の時 
カズキが「僕も お父さんにお世話になってから7年目かぁ~♪」
    「僕 前のお父さんって知らんのよな~」

「あぁぁ あんなん知らん方がシアワセやで」と私

「知りたいとかじゃなくて 記憶にすらないし 
 それに 僕にはお父さんがいてくれるから」

横にいた スミたん(ダンナさん)の どや顔が笑えた

昨日の入籍記念日は 家族でケーキ・・・ではなく
「保育園生活を支えた大人をねぎらう会」 いわゆる飲み会に行きました
31日と1日 どちらか選択制になっていて 両日参加のアッパレな友達も♪
ひとりで夜にでかけさせてもらったの 9年目にして初めて♪

スミさんは「保育園に5年間 送り迎えしたのはオマエ
      拓郎が保育園生活を楽しめるように支えてやってくれたのもオマエ
      オマエが楽しむための日やから 遠慮なく楽しんでこいよ」と
気前よく送りだしてくれたので ほんまに遠慮なく飲みました

でも 「帰ってきてから ゲェ吐くのだけはやめてな」 と念押しされましたが(笑)

友達に送ってもらって帰宅すると 拓ちゃんはすでに夢の中でした
冷蔵庫から 1本ビールを出してきて 半分ずつ乾杯しました

「オマエ あんまり飲まんかったんか?飲みたらんの?」

「生中4杯  5杯やったカモ?」
「飲んでるやん・・・」

これからも 夫婦・家族 仲良く生きていけたらいいなぁ~

 

10年ぶりの再会

カズキが中学を卒業したら 二人で会いに行こうと約束していました

スケッチBOOKで アルバムを作りました
10年後のカズキ

アルバム4

あっ 間違っても別れた元ダンナとかじゃないんで!
カズキも 記憶にすらなく知らないと言ってますし!
ワタシも 縁の切れた人間と会いたくもないですし!
ワタシとカズキに関わらないで欲しいから 慰謝料も養育費もいらないと!
(というか くれるような男ちゃうし)
生きてるか死んでるかも 知りませんから!
死んでも許しませんから!

10年前 ひとりだけの卒園児でした
園長先生に 今日 会いに行ってきました

アルバム1

唐小入学式

アルバム2

スケッチBOOKに作ったアルバムは 32ページにもなりました
10年の月日が流れる中で カズキが歩んだ道

アルバム3

園長先生と10年ぶりに再会

あの時の園長先生とお変わりなくて 一気にタイムスリップ
話も尽きず 給食まで一緒に食べさせていただいて
3時間?・・・以上?の時が アッと言う間でした

「カズキ あんた こんなん好きやったなー」
カズキ♪ カズキ♪ と あの頃と同じように接してくださって
芸術高校に入学することを 大賛成や!と とても喜んでくださいました

私のことも 開口1番
「お母さん あの頃よりも若くなったなぁー」

「あの時は ほんとに しんどい時期でしたから・・・」

「そうやったな~ ものすごい とがってたなぁ(笑)」

「これからも 遊びにきたらええで」と言ってもらって
親子ともども 行ってよかったなぁ~と喜んで帰路につきました

もうすぐ 4月
未来への1歩を 踏み出します




プロフィール

てんてん

Author:てんてん
handmadeしてました
イロイロ作ってました
今は家族のために
自分のために
一生懸命に過ごしています
日々のあれこれを
つづっています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。